心臓の底の記憶

死ぬまでにあと何曲聴けるのか。

サニーデイ・サービス 丸山晴茂に捧げる3曲。

サニーデイ・サービスのドラマー、丸山晴茂さんが亡くなった。

長引く体調不良により、バンドから離脱していたが、久々に曽我部さんから発表された近況はまさかの訃報だった。

2017年に発売された『青春狂走曲』の中で語られていた、晴茂さんによる離脱の真実はとても衝撃的な内容だった。

皆が「いつか」と待っていたバンドへの復帰は叶わなくなってしまったが、彼がサニーデイ・サービスで残した音は永遠に消えない。

知り合いでもなく、会ったこともなければ、一度も演奏する姿を生で観たこともないのだけれど、1リスナーとして感謝を込めて、勝手ながらこの3曲を捧げます。

 

サニーデイ・サービス/桜 super love

離脱中の晴茂さんのことを歌っているとも言われる一曲。曽我部さんが、この曲の入った『DANCE TO YOU』のレコーディングをこう振り返っていた。

晴茂くんは途中から来なくなったけど、晴茂くんが叩かないんだったら自分で叩くと思って、俺が何曲かで叩いているんです。だから、晴茂くんは不在だけど、そこも晴茂くんの何らかの意味があるとは思うんですよね。

*1

「君がいない」の意味が変わってしまった今、サビの歌詞を聴くと胸が苦しい。

 

●おとぎ話/ONLY LOVERS

晴茂さんがTwitter丸山晴茂 (@haruru6106) | Twitter)でこんなことをTweetしていたのを思い出した。

2018年6月6日におとぎ話の新しいアルバムが出たんですけど、晴茂さん、もう聴きましたか?

 

●尾崎友直/晴れた日に

晴茂さんに捧げた曲とも取れるような歌詞。

でも、この曲が収録されたアルバムは2018年3月に発表されているから、実際はそんなことなくまったくの偶然なのだけれど、あまりにも晴茂さんを思い出す歌詞に、涙が溢れ出してしまいそうになる。

同じROSE RECORDSのレーベルメイトだけどこの二人に面識があったかどうかは分からない。訃報を聞いた翌日に、この曲をたまたま聴いていて、驚いた。それまでも何回も聴いていたのにまったく気づかなかったけど、これは晴茂さんのことを歌っているんじゃないかって。

まず、曲名が「れた日に/On a Sunny Day」。

そして歌詞の端々にも晴茂さんの影が。

何回だって失敗してしまう事ってあるよね
悪いと分かりながらやってしまう事とかさ
ある青年は薬物を克服した
ある人はアルコール依存症と闘っている

空はこんなに爽やかで
もうすぐ大好きな五月が来るっていうのに
それでも必ず希望は僕を見てる
君ならやれるって僕を見てる

 

 晴茂さんの不在について、曽我部さんはこんなことも言っていた。
そう、サニーデイ・サービスはこれまでもこれからも、ずっとそのままだ。

──メンバー3人がそろわなくてもいいんですね。

全然いい。「LOVE ALBUM」(2000年9月リリース)を作ったときは参加してるミュージシャン全員をサニーデイ・サービスっていうコミューンの中に入れちゃおうって思ってたんだけど、でもやっぱり違うんだよね。サニーデイ・サービスは3人で始めた3人の物語だし、たぶん誰かが死んでもきっとそのままなんだよ。

 

──誰かが死んでも続いていく?

そう、死んでてもいいの。もはや死んだからってそれがなんなの?っていう感じがある。なんで死んだくらいでバンドやめなきゃいけないのかって話でさ。

 

──X JAPANのライブに行くと今もHIDEがいる、みたいなものですか?

そういうこと。そういうの最高じゃん(笑)。

 

──死んだとしても家族は家族のままですしね。

そうそう。遺影を置いてみんなでごはん食べたりしてるし、死んだから終わりってことでもない。もし今後どんだけ仲が悪くなったとしてもこれは3人で始めたリアルな物語だから。それは絶対に変わらないことですね。

 *2


最後に 「晴れた日に/On a Sunny Day」の一節を。
きっとみんな晴茂さんのことを、こう思い続けるだろう。

 

「青空の下であなたを愛してる」。

 

本当にありがとう、おつかれさま、さようなら。

解散したバンドの曲を演奏することの是非

ちょっと前の話。

2016年7月末、猪苗代湖畔で行われたフェス「オハラ☆ブレイク’16夏」のステージで、チバユウスケTHEE MICHELLE GUN ELEPHANTの「GT400」を歌った。それはTwitterでトレンド入りするほど話題にもなった、ちょっとした"事件"だった。なぜなら、チバはこれまでROSSOでも、The Birthdayでも、The Golden Wet Fingersでも、そして今回「GT400」を演奏したユニットMidnight Bankrobbersでも、ミッシェルの曲を歌うことはなかった。アベフトシが亡くなった時も。それが、なぜここにきて急に歌うことになったのか。酒が入っていたからか、ロケーションか、理由なんてないのか、それはチバのみぞ知ることだ。
わずか15秒程度だが公式動画にて音源もアップされている。下記の動画2:52~3:06。その前に確信犯的に中村達也のドラムが入っているのも粋。

youtu.be


さて、この"事件"を機に、解散したバンドの曲をソロや新バンドで演奏することの是非について考えてみた。これはしばしば音楽ファンの間でも論争になるテーマではないだろうか。

好きなバンドと同じ時代を生き、聴き、体験できるならそれに越したことは無い。でも、必ずしもそれが叶うとは限らない。好きになった時にはもうそのバンドが解散しているなんてことはよくある。私の例だと、ミッシェルはもちろん、BLANKEY JET CITY、THE BLUE HERTSなんかがそうだ。海外のバンドであればThe BeatlesNirvanaなんかがそう。元メンバー達のライブでそのバンドの曲が演奏されたら、喜ぶ人もいれば、哀しむ人もいる。どちらの感情も入り交じった複雑な思いを抱く人もいる。そのバンドへの思い入れやシチュエーションにもよるだろう。

 

では、ミュージシャン側はどうだろうか。過去の曲は絶対に演奏しないミュージシャンと、今でもライブで演奏するミュージシャンの例を挙げて比較してみたい。

 

チバと同じく、解散したバンドの曲を演奏しない、というので真っ先に思いつくのは、ザ・クロマニヨンズ甲本ヒロト真島昌利だ。THE BLUE HERTSとTHE↑HIGH-LOWS↓をふくめ、30年以上一緒にバンドを続けている彼らもまた、昔のバンドの曲を演奏しない。厳密にいうと、客演や知人の結婚祝いで解散したバンドの曲を歌ったことはあったものの、世の中に出回っている情報は片手で数えるほどだ。ある時、THE↑HIGH-LOWS↓のライブで「リンダリンダ歌って~」という客席からの声にヒロトが「うるさい!」と一喝した話はファンの間で有名だ。それから、特にTHE BLUE HERTSの曲は今でもCMやドラマで流れることが多いため、新しいファンも増え続けている。でも、彼らが過去の曲を演奏することは今のところ、ない。一貫して「今、ロックンロールだと思うことを追求する」というスタンスはずっと変わっていないし、それを知ってる多くのファンも、彼らに過去の曲の演奏を求めてはいない。

 

一方、解散後もバンドの曲を演奏するミュージシャンもいる。たとえば、浅井健一BLANKEY JET CITY解散後、ソロやSHERBETSJUDE、PONTIACSなどの様々なバンドを続けてきた。
ベンジーは今でもソロ名義のライブでブランキーの曲を演奏することがあり、なぜ昔の曲を演奏するのか?と聞かれ「やりたいから。やっぱり解散したばっかりは嫌だよ。しばらく経つと、自分も好きだし、いい歌だと思うし。やればいいじゃんって思う。死んだらやれないし。誰も歌わなくなっちゃうし」と答えていた。

youtu.be

※動画に詳細は記載されていないが、前半の発言は2006/10/16「CX0153 FACTORY 0916」かと。

ちなみに、ベンジーはこの時、ヒロトのことにも言及している。「あの人だって「リンダリンダ」とか歌えばいいのにね。なんかあるんだろうけどね。みんな喜ぶからやればいいのにね。カッコいい曲だしさ」と。そんな二人は、奇しくも2016年のFUJI ROCK FESTIVALの前夜祭で、解散したRamonesの曲で競演していた。(6:30くらい~)

youtu.be

 

そして、解散したバンドの曲をソロライブで解禁し、挙句の果てに再結成……いや、再結集してしまった例もある。吉井和哉THE YELLOW MONKEYを自らの手で解散させた男は、ソロになってからも(けっこう早い段階から)「LOVE LOVE SHOW」や「JAM」を演奏していた。時には、元メンバー菊地英昭をギタリストとして従えて。THE YELLOW MONKEYのファンクラブ(Petticoat Lane)に入っていた私は、とても複雑な気持ちだった。家に届いた解散通知、笑顔の解散インタビュー、吉井の自伝での告白……そこにきて、過去楽曲の解禁。何度傷つける気だ。ソロライブで演奏したTHE YELLOW MONKEY楽曲のファン投票企画が発表された時にはさすがに絶句した。もう、再結成してくれよ、と思ったものである。何はともあれ、ソロ時代を無事に成仏させた吉井は、THE YELLOW MONKEYを再結集してくれたので、あのころ、私と同じく複雑な想いを抱いていたファンたちもようやく安心したのではないだろうか。

 

The Flipper's Guitar(2017年のフジロックに何かを期待した人が多かった模様……)、BOΦWY、JUDY AND MARYNUMBER GIRLSUPERCAR……解散後の楽曲演奏について比較すべきバンドはまだまだたくさんある。しかし、結論は出ないだろう。なぜなら、そもそも是非を決めることではないからだ。権利や契約、メンバー間での約束など当人たちしか分からない事情があるだろう。そこに介入はできない。もしそういった制限が無かったとしても、気持ちの問題が残っている。ただ、音楽ファンとして望むことは、解散したバンドの曲は無理してやらなくていいけど、やりたくなったらやってくれ、ということ。死んだらやれないんだから。

サニーデイ・サービス『Popcorn Ballads』POP UP SHOPに行ってきた

2017年6月2日に配信のみで突如リリースされた、サニーデイ・サービスのNEWアルバム『Popcorn Ballads』。アルバムはもちろんすぐに聴いたが、すでに各所で絶賛されている通り、物凄いアルバムである。

2016年、各方面で年間ベストに取り上げられた大傑作『DANCE TO YOU』の興奮冷めやらぬ中、突然のリリース。全22曲85分の大作。現時点ではApple MusicとSpotifyでのストリーミング配信のみ。そして、アルバム発売を記念して6/8(木)〜6/14(水)には期間限定でポップアップショップがオープン。ちょ、ちょっと、怒涛の情報量で理解が追いつかないよ……。

ということで、このサニーデイの新譜をより深く理解すべく、さっそくポップアップショップに行ってきた。

続きを読む

ようこそ

はじめまして。

このブログはとあるバンドに関する記事(いつかアップします)を公開するために、ずっとあたためていましたが、その他にもいろいろと思うことを書いていきたく開設しました。これまでに出会ってきた、そしてこれから出会う、心臓の奥底につきささるような曲や詞やバンドやライブのことなどについて気ままに書いていきます。新たな音楽との出会いのきっかけになればこれ幸い。